今話題の清里テラスへ行って来ました。

9月中旬

山梨県北杜市大泉町西井出8240-1

にある清里テラスへ行って来ました。f:id:Messi0827:20180922185518j:image
f:id:Messi0827:20180922185521j:image

 

空が青くて高原ドライブ日和です。

f:id:Messi0827:20180922185703j:image

 

清里テラスは冬はスキー場の「サンメドウズ清里」と言う施設の中にあります。

雪が降らない期間しかやっていません。

営業日

(4月27日〜5月6日・5月26日〜11月11日まで)

営業時間はだいたい

(平日10:00〜15:30  土日祝9:30〜16:00)

リフト料金

1本のみ(大人1300円・子供800円)

2本運行時(大人1500円・子供900円)

駐車場は沢山ありました。

 

f:id:Messi0827:20180922191541j:image
f:id:Messi0827:20180922191538j:image

 

施設に入るとお土産やイベントに気を取られてしまいますが、平日とは言え人気施設なので急いでリフト券を買いに二階へ

f:id:Messi0827:20180922191747j:image
f:id:Messi0827:20180922191749j:image

 

土日祝は2本あるリフトが共に動いていて清里カフェへも行けるけど平日は清里テラスへ向かう長い方のリフトのみ運行なので注意して下さ

い。

 

リフトに乗ると風が気持ちいい!

f:id:Messi0827:20180922192106j:image
f:id:Messi0827:20180922192103j:image

 

頂上に着いてリフトを降りると少し寒い、こんなに下と気温が違うのにびっくり、少し厚手の羽織るものを持って来た方が良さそう。

f:id:Messi0827:20180922192436j:image

 

人はまばらでしたが、予約が必要なプレミアムシートはもういっぱいでした。

f:id:Messi0827:20180922192626j:image

 

ワンコも一緒にくつろげるシートもあります。

f:id:Messi0827:20180922193943j:image

 

この景色を見れただけでもいいかな?と思っていると無料で座れるソファもあるとの事

f:id:Messi0827:20180922192854j:image
f:id:Messi0827:20180922192851j:image

 

カフェで(カフェオレ400円とスカイパフェ650円)を買って

f:id:Messi0827:20180922193117j:image
f:id:Messi0827:20180922193115j:image

 

まだ誰も座っていない一番景色のいいソファを確保

f:id:Messi0827:20180922193347j:image
f:id:Messi0827:20180922193350j:image

 

この景色の中でのんびりお茶が出来るのは本当に幸せです。

スカイパフェも可愛くて食べるのがもったいない

f:id:Messi0827:20180922193112j:image

 

ただ雲の隙間から太陽が出て日が当たるとめちゃくちゃ暑い、でも雲で日が隠れるとめちゃくちゃ寒い、標高が高いと大変なんだね。

 

少し階段を登ると山頂展望デッキがあり、ここにもテーブルと椅子があってくつろげます。

f:id:Messi0827:20180922194247j:image
f:id:Messi0827:20180922194250j:image
f:id:Messi0827:20180922194242j:image

 

それでは下界へ

1時間30分、のんびり標高1900mの特等席を堪能できました。

 

13:30

お腹が空いたのでレストランやカフェが集まっている。萌木の村へ

f:id:Messi0827:20180922194656j:image
f:id:Messi0827:20180922194648j:image
f:id:Messi0827:20180922194651j:image

 

かぼちゃがいっぱい、ハロウィンの季節なのですね。

f:id:Messi0827:20180922194813j:image
f:id:Messi0827:20180922194810j:image

 

可愛いお店やカフェが沢山あって、北欧の雰囲気です。

f:id:Messi0827:20180922194951j:image
f:id:Messi0827:20180922195438j:image

 

そして萌木の村の象徴と言っても過言じゃない

(私談)メリーゴーランド

f:id:Messi0827:20180922195143j:image
f:id:Messi0827:20180922195140j:image
f:id:Messi0827:20180922195146j:image

 

ちゃんと動いて有料ですが乗ることも出来ます。

 

可愛いクッキーを買いました。

f:id:Messi0827:20180922195352j:image

 

ひとしきりまわって、オープンカフェでソーセージとピザを食べました。

f:id:Messi0827:20180922195622j:image
f:id:Messi0827:20180922195628j:image
f:id:Messi0827:20180922195631j:image

 

これはビールに合いますね、どちらもとても美味しかったです。

 

14:00

道の駅などによりつつ

f:id:Messi0827:20180922195752j:image
f:id:Messi0827:20180922195755j:image

 

お気に入りのぶどうを探しに勝沼

f:id:Messi0827:20180922195847j:image
f:id:Messi0827:20180922195845j:image
f:id:Messi0827:20180922195850j:image

 

メッシ君にお土産もできました。

 

ではまた次回!

 

 

 

 

 

富士サファリパークのオススメポイント

8月下旬、静岡県裾野市にある富士サファリパークへ出かけました。

f:id:Messi0827:20180907112444j:image
f:id:Messi0827:20180907112446j:image

 

平日ですがまだ夏休み期間中なので9時の開園前に間に合うように家を出ました。

現地に着くと思っていた通り園前にはたくさんの車が開園を待っています。

 

駐車場は入口料金所より先にあり、第二駐車場もありますが少し遠いので早く行って園の近くに止める方がお得だと思います。

入園料は

(大人2700円・小人1500円)

ファミリーマートやローソン等のコンビニで事前にチケットを買っておくと大人600円小人400円くらい割引されます。

又、富士サファリクラブに入会すると割引やジャングルバスの予約枠があるなど特典があるようです。

 

動物にご飯をあげたりマイカーでのサファリゾーン入りは大体10時からなので、まず1番最初に向かうのはライオンの赤ちゃんを抱っこして写真が撮れるチケットを購入しに走ります。

平日なのでまだ残っていましたが、休日はあっと言う間になくなってしまうでしょうね。

無事チケットをゲットできました〜

(1ポーズ600円)

早めにした方がいいことと言えばサファリゾーンはマイカーかサファリバス等で回ることができますが、サファリバスは案内所で一部を除き当日先着順での販売なのですぐ売り切れてしまうようで、早めの受付をオススメします。

 

ライオン赤ちゃん抱っこイベント会場前の囲いに、イベントで仕事をするだろう赤ちゃんライオンを発見!

大小4匹いました。

f:id:Messi0827:20180907120029j:image
f:id:Messi0827:20180907120032j:image

 

みんなで追いかけっこをしてて可愛い、ただただ可愛い、でも少し大きくないですか?ライオン好きなのでそれも嬉しいんですけどね。

f:id:Messi0827:20180907120313j:image

f:id:Messi0827:20180907120423j:image

 

夢心地で抱っこしたので記憶があまりない、

ゴワゴワしててあたたかくて、でもただただ早く終わらせてあげたい気持ちになってしまう

(矛盾してますが)お仕事しててえらいねと声をかけて背中をナデナデさせてもらいました。

大満足です。

 

そして、富士サファリパークの良いところは他ではない動物達にご飯をあげられる所ですね。

1カップ100円くらいで

カンガルー

f:id:Messi0827:20180907121220j:image

 

ワラビー

f:id:Messi0827:20180907121217j:image

 

ヤマアラシ
f:id:Messi0827:20180907121229j:image

f:id:Messi0827:20180907121226j:image

 

アルパカ
f:id:Messi0827:20180907121223j:image

 

リスザルなどにもご飯を自分であげることが出来ます。

ご飯目当てでも自分の方に寄って来てくれて、ご飯を食べている姿はとても可愛いです。

他にも様々な動物がいます

ケープハイラックス

f:id:Messi0827:20180907134623j:image

 

シマハイエナ
f:id:Messi0827:20180907134620j:image

 

ブチハイエナはよく見ますがシマハイエナは羽村動物園にいたかな?

よく見ると可愛くてシマハイエナさん、私は大好きな動物の1つです。

 

歩いて回る敷地もとても広くて、ミニチュアホースがたくさんいる広場や、直接ふれあいが出来る猫館、犬館、うさぎ館もあって

(各館、別途料金がかかります)

一日中飽きなく遊べるテーマパークだと思います。

f:id:Messi0827:20180907135349j:image

 

11:30

少し疲れたので軽食を取ります。

f:id:Messi0827:20180907135604j:image
f:id:Messi0827:20180907135601j:image

 

外のフードコートの食べ物もテーマパークにしては美味しい物が多いですし、レストランも2軒ありカフェなどもあります。

 

それではいよいよサファリゾーンへ出発です。

f:id:Messi0827:20180907140032j:image

 

いつも動物園では車にお留守番のメッシ君も今日は一緒に見ることが出来ます。

クマ

f:id:Messi0827:20180907140609j:image

 

ライオン
f:id:Messi0827:20180907140602j:image
f:id:Messi0827:20180907140612j:image

 

トラ
f:id:Messi0827:20180907140614j:image

 

チータ

f:id:Messi0827:20180907143620j:image

f:id:Messi0827:20180907140750j:image
f:id:Messi0827:20180907140753j:image

 

キリン
f:id:Messi0827:20180907140605j:image

f:id:Messi0827:20180907140618j:image

 

キリンさん近すぎるよ〜

「キリンに車を蹴られることがあります。車を動かしてください」

とアナウンスされました。

いやいや動いた方が危ないぐらい近いよ。

 

ぞう

f:id:Messi0827:20180907141231j:image
f:id:Messi0827:20180907141235j:image

 

これが噂のゾウさんのプールね。ゾウさん追い立てられて入っていてちょっと微妙かな?

 

シマウマ

f:id:Messi0827:20180907141424j:image

 

シマウマさんみんなで追いかけっこしていて、たくさんいました。走っている所なんかなかなか見られませんよね。

 

バッファロー小さい子供がいました。

f:id:Messi0827:20180907141716j:image

 

広い敷地でのびのび暮らしている印象

ライオンの赤ちゃんもネットでは「産ませているんだよ」なんて意見も見かけましたが、

他の動物園に比べたらやっぱり繁殖しやすいような気がしますけどね。

ただライオンさん沢山いすぎてちょっと窮屈そう、何処か良いところにお嫁もしくはお婿にいけたらいいのにね。

 

サファリゾーンはマイカーなら何度も周ることができるので、私達は2回周りました。

好きな人はもっと何周もするのかな?

 

15:00

今日は朝も早くて動物に興奮して歩きまわり、クタクタです。

まだ早い時間ですが、帰路につきました。

 

では、また次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

子猫を保護する〜②

こんにちはゆーちです。

 

今回は1番記憶に新しい平成29年夏に保護したルイス・スアレスこと「ルイ」とシャビ・アロンソこと「アロ」の話を書いていきます。

 

「ルイ」はサバトラ白のオス、「アロ」はキジトラのメスです。

f:id:Messi0827:20180904211333j:image
f:id:Messi0827:20180904211336j:image

 

まず前提として、今住んでいる家は夫のお母さんの実家で空き家だった為、お借りしています。

母屋と別棟があって母屋は誰も使っていないので、子猫を保護した時はそこでトイレトレーニングや人馴れ訓練をさせる事ができます。

 

保護するきっかけになったのは、家の近くの借家が並ぶ間にちょこんと座る「ルイ」を見かけたのが最初でした。

すごく可愛い子だな、が第一印象ですね。

実はそこの借家のご夫婦とご夫婦の隣に住むお姉さんには「ペル」と「アル」を保護する時にも協力して頂いていたので、保護する必要があるなら相談に乗ってもらおうと考えていました。

もちろん2〜3日は様子を見ます。

 

3日後、ウォーキングコースになっている借家の前の道をドキドキしながら通ります。

いました、(嬉しいような悲しいような)

車の下に隠れています。

生後3〜4ヶ月くらいかな、借家はこんな作りです。

f:id:Messi0827:20180907164359p:image

ご夫婦を訪ねました。

話を聞いてみると、奥の借家の家族が猫を増やしている。産まれた子猫が手に負えなくなって外に出している。ご飯ももらっていないようで見かねたご夫婦があげている。そんな現状のようです。

 

関わってくださるご夫婦とお姉さんに何度も言って危機感を煽ります。

「猫は多産な上に環境がよければ1年に2回は出産する、生まれた子も1年もたたずに発情するのですぐ手に負えないぐらい増えてしまう」

考えなしに増やして全てを世話する事が出来るのか、猫を増やしてしまっているお宅にも言って欲しい事を話してせめて今外に出されてしまっているこの子だけでも

「どうしますか?」とたずねました。

ご夫婦も室内飼いで猫を飼っていて、自分のうちの子にすることもできないし、かと言って放ってもおけない為ご飯をあげてしまうと

(気持ちはわかりますが1番ダメなことだと思います。手を出すなら保護して里親を探す、ご飯だけをあげることはやっぱり無責任だと私は思います。)

「保護して里親を探してもいいですか?」

と言う問いに、ぜひそうして欲しいとのことです。

 

しかしある程度育っていてお腹も空いていない近づくと逃げてしまって捕獲が難しい!

この時初めて捕獲器を考えました。

今後のために買ってもいいが出来れば早く欲しい、近くの保護団体やお世話になっている動物病院で貸し出してくれるかを電話してみました。

何軒か電話すると、昔、実家の子がお世話になった少し遠方ですが料金も良心的で野良猫保護にも理解のある動物病院さんが貸してくださいました。感謝です。

ただ捕獲器での保護は初めてで本当に入ってくれるのか?無事保護できるのか?不安でいっぱいでした。

それは子猫の保護は早ければ早い方がいいのです。(親がいなくて保護せざるおえない子に限ってです。親猫が一緒で育てているなら2ヶ月は親元を離さない方が良いのはよく聞きますよね)

やっぱり里親さんも小さい子を探している事が多いのが現状だからです。

 

捕獲器の中にウェットのご飯を入れ、借家のすみに置かせてもらい、もし入ったら電話をもらうことにして家に帰りました。

 

夜7時頃携帯が鳴り、小躍りする気持ちを抑えて電話に出ました。

「近所のボス猫のシロがかかったみたい」

「・・・」

おいシロ!おまえはいろんな所でご飯もらってるだろーが!力が抜けました。

一度持ち帰り次の日あらためて設置

1日中そわそわして落ち着かなくてテンションがおかしかったのを覚えています。

その日の3時頃サバトラ白の子猫が捕獲器に入ったと連絡がありました。

 

ご夫婦にお礼を言って、家に連れて帰り保護猫部屋に放流すると

ババババババー

カーテンを伝って上に登りカーテンレールにおさまりました。ビクビク下を見下ろしているおびえた目に、この子を幸せにするために頑張ろうと気合を入れました。

慣れてくれたとしても時間がかかればうちの子になるかもなと、年貢の納め時かななんて考えていましたね。

落ち着くにも時間がかかるだろうし、少しそっとしておこうと部屋を出て、5時頃ご飯をあげに部屋に入ると網戸を破って外に逃げてしまっていたのです。

悔しくて涙が知らず知らずこぼれました。

あなたを保護したことは自己満足で間違っていたのかとでもあそこにいても決して幸せにはなれないしと自問自答しながら、外に探しに出ました。

家の近くから探して保護した場所に向かうとちゃんと元の場所に戻っていました。

安堵で又々涙腺が壊れました。

 

ご夫婦に事情を説明してもう一度捕獲器を設置しようとすると、もう1匹、キジトラの子猫がサバトラ白の子と寄り添っています。しかもその後は立て続けに2匹楽々保護する事が出来ました。

キジトラさんは綺麗な女の子、シャビ・アロンソこと「アロ」ちゃんです。

f:id:Messi0827:20180905200917j:image

 

「ルイ」君あなた「アロ」ちゃんを迎えに行ったの?と「アロ」の後ろでビクビクしている「ルイ」をみるとしっかり者のお姉さんと臆病な弟みたいで笑えました。

「アロ」の為に行ったのか、それとも自分のために「アロ」を迎えに行ったのか・・

まぁ今となっては、脱走も2匹再捕獲も大正解でしたね。

 

何はともあれ、網戸をなんとかしないと始まりません。再度貼り直しても又破ってしまうでしょうし、かと言って窓を開けないと暑くていられません。

ホームセンターで分厚い緑色のプラスチックのネットを買ってきて窓枠に結束バンドでくくりつけ、なんとか形になりました。

 

大部屋に放流する前に2〜3日はケージで様子を見ます。トイレも100均の小さなトレーに砂を入れておくとちゃんとそこがトイレと理解してくれます。猫の習性とはいえ、助かりますね

トイレトレーニングがすんだので大部屋に移したとたん2匹ともカーテンを登って・・・もう脱走の心配もないし少し放っておきます。

1日2回ご飯を運んでトイレをみるとちゃんと出来ている。私達がいない時は、降りてきてご飯を食べトイレもしている様ですね。

3日後カーテンを撤去、これでもうカーテンレールには登れないので、さてさてどうなるかな?

 

次の日、ケージの後ろに2匹で丸くなって「アロ」の後ろから「ルイ」がチラチラこちらを見てきます。

時間があれば2匹の部屋に来てくつろぎながら携帯でゲームしたり漫画読んだり、最初は必要以上に構わずたまにおもちゃをチョロチョロすると「アロ」が興味を示し始めました。

少しづつ距離を縮める為、おやつも手から直接あげる様にします。

弟の「ルイ」は食いしん坊でご飯を持っていくと一目散に近づいて来ますが、私をみると「あっやばい」みたいな顔で逃げていきます。

お姉ちゃんの「アロ」は本当に賢くて、早く人間になれたほうがご飯もたくさん貰える、遊んで貰える事を理解している様でしたね。

だから「アロ」が膝のり猫さんになるまで時間はかかりませんでした。

f:id:Messi0827:20180905205413j:image
f:id:Messi0827:20180905205416j:image

 

「ルイ」はその逆でご飯を食べながらビクビク遊びながらもビクビク、近くに来てくれるまで時間がかかりました。

 

写真を撮りまくります。

可愛い写真が大事ですから、そしてネットに載せます。

うちは「ネコジルシ」さんを利用させて頂いています。いつもありがとうございます。

役所の掲示板にも写真を貼ってもらい、早い時は1日遅くても3〜4日ぐらいで連絡が来ます。

ネットはメールですが役所は電話です。どちらもお名前や家族構成を聞いてお届けする日時を決めます。

なるべく里親さん宅へお邪魔する事にしています。

 

まず初めに「ルイ」に対しての問い合わせがありました。

先住猫との相性が気になるという方で、もちろんトライアルも大丈夫な事を伝えると、うちに見に来てくださいました。しかも先住猫さんを連れてです。ちょっとびっくり

「ルイ」を見て可愛いを連発していましたが息子さんと相談すると30分ぐらいで帰られました。

その夜、息子さんがよそから子猫をもらって来てしまったとお断りの電話が来ました。

少しガッカリしましたがよくある事です。

 

2日後また「ルイ」の問い合わせが来ました。お宅に伺い「だいぶなれて来ましたが今は新しい場所に来て緊張している上に臆病な性格なのでゆっくり接してあげてほしい」旨を説明して先方にお渡ししました。

里親さんが手に負えない様なら帰ってくればいいと思っていましたが、次の日のお昼頃「やっぱりダメだと」連絡が来ました。少しの間構わないで様子を見てあげてほしい事を再度伝えようと思いましたが、やめました。

「ルイ」が帰ってきたいと言っているのだと思う事にします。

迎えに行って元の母屋の猫部屋に戻すと今までにないくらい甘えん坊になっていました。

猫違いなのかぐらいお膝に乗って遊んでとせがみます。怖かったのかな?嬉しい誤算でした。

f:id:Messi0827:20180906194959j:image

 

その2日後メールで「アロ」の問い合わせがありました。

里親さんが自分のことや境遇をある程度メールで送ってくれ、こちらが聞きたい事をやり取りします。

一人暮らしをしている20代前半のお嬢さんで、実家で猫を飼っていた事、何かあったら預かって貰える事などを2日ぐらいでやり取りしあい、だいぶ遠方からですがこちらに来てくださいました。本当だったらこちらが里親さん宅にお邪魔しなければいけないのですが、賃貸マンションがペット可でその書類を持参してくださった事、落ち着いたら写真を送っていただく事を条件に、その日譲渡する事になりました。

 

里親さんが決まるとホッとしたような哀しいような複雑な心境になります。

「幸せになりな」

そして

「幸せにしてもらいな」

そう声をかけます。

(私の所に来てくれてありがとう)

と心の中でつぶやきます。

名前はないので里親さんが付けてあげて下さい、付けた名前を教えて下さいとお願いして終了、あっけないですねでもこれでいい事をちゃんとわかっています。

その後メールで「アロ」改め「フウ」ちゃんと名付けたと連絡が入りました。

里親さんのお宅でくつろいでいる「フウ」ちゃんの写真付きです。感謝感謝です。 

 

残るはベッタベタの甘えん坊になった「ルイ」

f:id:Messi0827:20180906195055j:image
f:id:Messi0827:20180906195051j:image

 

次、連絡くださった方できまりかな?と思っていた矢先にメールを頂きました。

隣の県のかなり遠いお宅なので、なんとか日時を調整してお届けに伺いました。

f:id:Messi0827:20180906200336j:image

 

車の後部座席の上でおとなしくこちらを見ています。大丈夫だよ、怖くないよ、これから幸せにしてくれるお家に行くんだからね。

たくさん話しかけ、たくさんたくさんありがとうと伝えます。

「ルイ」もわかっているのか前回、帰って来てしまったお宅に行く時と違って車に乗っても落ち着いていて泣き叫ぶこともありません。

 

ご夫婦2人のお宅で奥さんが迎えて下さいました。

先代の猫さんの話や旦那さんが今日はお仕事な事を話しながら「ルイ」が入っているキャリーケースの扉を開けて様子を見ることに、すると里親さんが用意してあった猫トイレにしっこ、辺りを探検する姿も堂々としたものでした。

これは大丈夫かなと確信しました。

 

保護猫と一緒に里親さんにお渡しする物は

少し使用済みのトイレ砂(自分の匂いがすると落ち着くのと、里親さん宅の猫トイレに入れるとトイレとわかりやすい為失敗しづらい)

今まで食べていた猫ご飯

ウェット・カルカン    ー3パック

カリカリ・懐石           ー1袋

この2つなら高すぎず、安すぎずどこにでも売っているので保護猫にはこの2つをいつもあげています。譲渡後里親さんがいいものに切り替えていただければ良いですしね。

 

その後名前が決まったと連絡が、「ルイ」改め「フウ」ちゃん

旦那さんの膝の上でゴロゴロ甘える「フウ」ちゃんの写真も一緒でした。

可愛い名前をもらったな〜でもどこかで聞いたことがあるな〜とちょっと混乱

「アロ」も「ルイ」も里親さんからもらった名前が同じ「フウ」ちゃん

すごい偶然、びっくりです。

どうか幸せになってね

 

次回はファン・ペルシーこと「ペル」とアルウェン・ロッベンこと「アル」について書いていきたいと思います。

お楽しみに〜

 

 

子猫を保護するということは

こんにちは、ゆーちです

 

今回は今まで保護してきた子猫や成猫たちの事を書いていきます。

 

まず私が猫の保護を初めてしたのは、平成14年の夏、車に轢かれて骨折した生後10ヶ月ぐらいの白猫さんでした。

それから結婚前は5匹、結婚してから今まで11匹です。

結婚後保護した子猫たちにつけた名前には少し統一性がありまして

(あくまでうちでの名前です。譲渡した後は里親さんに任せています)

保護した順に

メッシ

チビ

ルーニー(ルニ)

ロナウド(ロナ)

イニエスタ(イニ)

しんじ

チャーチ(唯一成猫です)

ファン・ペルシー(ペル)

アルウェン・ロッベン(アル)

ルイス・スアレス(ルイ)

シャビ・アロンソ(アロ)

 

わかる方にはわかるかな?

この名前をつけた子達はみんなとても良い人にもらわれて幸せに暮らしていると思うので、それ以外の名前をつける事が怖くなってしまっています。

そんな事ないんでしょうけどね〜

でも保護した子が良い里親さんに巡り会えなくて2匹うちの子になったら私の保護活動は終わりだと思っています。

(他の記事でも書きましたが、災害が起きた時私が守ってあげられるのは2匹が限度なので)

 

メッシ君との出会いを書いていきます。

f:id:Messi0827:20180827195112j:image

 

結婚後1番始めに保護したメッシ君は今も我が家で王様として君臨しています。8年くらい前の事なのですが昨日のことのように思い出されますね。

メッシ君の事、それにはまず実家で飼っていた猫を紹介しなければなりません。

2匹いて今は天国に旅立ってしまいましたが、

そのうちの1匹が若い頃の事故で目が見えていなかった為、人間が付きそいで散歩に出る習慣がありました。

なので夫と結婚し実家を出ても散歩の見張り役に実家に頻繁に帰る事が日常でした。ただ家の事や仕事もありなかなか都合がつかなくなっていき、一年程たったある日。

その日は夫の出張で近くの駅へ車で送っていくことになり、ついでに実家へよっていつもの散歩に出た時です。近くの家の塀の向こうから子猫の鳴き声が聞こえてきました。

実家の子を家に帰して鳴き声がする周辺を探します。

 

今までの経験から考えると生後2ヶ月ぐらいの子猫で捨てられたか母猫とはぐれたかわかりませんが、長くさまよいボロボロになって寂しくてお腹が空いている子は、人間にも自分から近よって来るぐらい切羽詰まっている事が多いです。逆にある程度まで母猫と一緒に育っていて元気な子は、捕獲器でも使わない限り逃げてしまって捕まえられない事がほとんどでした。

これは自分の信条ですが、子猫を保護する時は最低でも2〜3日は様子を見るです。

それはネットでもよく言及されるように母猫が迎えに来るかもしれないからです。

だから実際保護した時は猫風邪や栄養不足でボロボロな事がほとんどです。動物病院やらでお金がかかるし早めに保護したいのが本音ですけどね。

 

ただメッシ君を見つけた場所は猫嫌いのお婆さんが住んでいる家の敷地で、すぐ保護しなければ保健所行きは確実だったので、ここで初めて信条を曲げたのですが、今も昔も後悔は一切していません。お母さん猫に代わってメッシ君を全力で幸せにしますしね。

 

保護してまずは動物病院に連れていきます。

やっぱり猫風邪をひいていて診察の後薬をもらい帰宅しました。クシャミをして青っぱなを飛ばすので大変だったと記憶しています。

ウェットのご飯の中に薬を混ぜて、何日かすると徐々に猫風邪がおさまってきました。

 

メッシ君は結婚して初めてうちに来てくれた子ですが、これからも長期にわたり保護活動をしていきたい、でもいずれは里親さんが見つからない子が出て来る事があるだろう。

泣く泣くメッシ君も里親探しをすることにしました。

里親さんを探すにはまず

①写真を撮ります

(可愛い写真を何枚もとって厳選します。写真の出来はめちゃめちゃ大事です。)

②インターネットや新聞、市町村の役所にある掲示板等をフルに活用します

(役所の掲示板は意外と重要です。人の目につくからか連絡を頂ける事が多いです。)

③里親になりたいと連絡があったら受け渡しは里親さんになってくれる方のお宅にお邪魔する

(うるさい事は言いたくないですが家族構成と生活スタイルはチェックさせて頂く)

 

写真を撮ったり準備をしていると、その日からメッシ君の調子が悪くなってしまいました。また病院通いです。

しかも耳の中には耳ダニがわんさかお腹の中にも虫さんが、保護してから2ヶ月あまり

「もう、うちの子にしちゃう?」

2人で話し合っていると待ってましたとばかりにメキメキ体調も良くなって元気に。

そんな過程を経て、メッシ君はわが家の王様になりました。

f:id:Messi0827:20180827194926j:image

次はおよそ1年前の夏に保護したまだ記憶に新しいルイス・スアレスこと(ルイ)とシャビ・アロンソこと(アロ)について書いていきたいとおもいます。

お楽しみに〜

 

 

 

猫さんの羊毛フェルト②

こんにちはゆーちです。

夏も大好きですが

だんだん涼しくなってきて秋が来て冬が来るのもまた楽しみです。

羊毛フェルトは涼しい方が作りやすいですしね

今回は猫さんのオーナメントを作りました

灰色白の猫さんに黄色い星を持ってもらいました〜

f:id:Messi0827:20180831191802j:image
f:id:Messi0827:20180831191805j:image

 

白いお手手が可愛くて好きです。

 

天使の羽が生えたキジトラ猫さんです。

f:id:Messi0827:20180831192030j:image
f:id:Messi0827:20180831192028j:image

 

早くクリスマス来ないかな。

 

羊毛フェルトで猫さんを作ってみた

羊毛フェルトで猫さんのストラップを作りました。

 

キジトラさんと白黒さん、パステルミケさんのストラップです。

箱座りしている姿が好きなので、携帯に付けたら可愛いかなと作りました。

f:id:Messi0827:20180829114203j:image
f:id:Messi0827:20180829114209j:image
f:id:Messi0827:20180829114206j:image

f:id:Messi0827:20180829114322j:image

 

大きさはだいたい高さ4cm横6cmくらいです。

ビーズの少し長いストラップでバックにも付けられますし、大き目に作ったので存在感がありますよ。

 

なんだか懐かしい木曽路をドライブ

8月某日

木曽路へ出かけました。

三遠南信道の開通を心待ちにしている1人なので新東名から三遠南信道へ入ります。

f:id:Messi0827:20180824225610j:image

 

でも13.4kmぐらい走って鳳来峡ICで終点なのですぐ下道なんですけどね。

ここから妻籠宿や馬籠宿方面へ行くには山道をひたすら走ります、途中道の駅が数件あるので休憩等はなんとか安心です

f:id:Messi0827:20180824225530j:image

(道の駅信濃路下條「そばの城」)

 

10:30頃

馬籠宿へ到着しました、青々とした稲穂が綺麗ですね。

f:id:Messi0827:20180824225957j:image
f:id:Messi0827:20180824225953j:image

 

馬籠は坂と階段の宿場町です。

階段と坂の両側にお店や宿が並んでいて、落差があるので歩ける靴で行くことをお勧めします。

f:id:Messi0827:20180825163245j:image
f:id:Messi0827:20180825163248j:image

 

坂の上を馬籠上、下を馬籠下と表していて

馬籠に向かう道中の分かれ道の看板にも書かれているので、注意してください。

と言うのも駐車場は上にも下にも無料のものがありますが、下の方が駐車場が多いし下に車を止めて坂や階段を往復した方が足が楽かなと思います。

 

今日はお天気がいいので空や花がきれいにみえます。

f:id:Messi0827:20180825172814j:image
f:id:Messi0827:20180825172809j:image

 

雰囲気のあるお店もいっぱいありますし、上から下に水が流れていて水車もあります。

f:id:Messi0827:20180825181231j:image

f:id:Messi0827:20180825172955j:image

 

小腹が空いたら五平餅やお煎餅を食べ歩きしながら散策もいいですよね。

f:id:Messi0827:20180825173239j:image

 

ここの五平餅は味噌が甘辛でお団子状なので食べやすいです。

 

そして宿場の中には記念館や資料館が複数あります。

f:id:Messi0827:20180825173833j:image

 

今回は馬籠脇本陣史料館へ入って見ることにしました。

(入館料大人300円・小中学100円)

f:id:Messi0827:20180825181551j:image
f:id:Messi0827:20180825181547j:image

 

馬籠宿に関係した品が展示してあり、玄武石垣が見所ですね。

f:id:Messi0827:20180825181735j:image
f:id:Messi0827:20180825181731j:image

 

12:00

次に向かったのは妻籠宿です。

ここは無料の駐車場はありません、でも有料駐車場が4ヶ所あり乗用車一律500円で250台ぐらい止められるので安心です。

 

妻籠は平地ですが水が豊富で大切にしているのは馬籠と一緒ですね。

f:id:Messi0827:20180825182516j:image

 

妻籠にも3館博物館があり、すべて入ることができる共通券700円がお得みたいで、脇本陣奥谷の窓口で販売しているようです。

f:id:Messi0827:20180825183554j:image

 

13:00

お昼ご飯にお蕎麦を食べます。

f:id:Messi0827:20180825182638j:image

 

その後しばらくお店や町を見て歩いていると

ゲリラ豪雨にあってしまいました。

f:id:Messi0827:20180825182819j:image

 

残念ですが、

雨音だけで他に何も聞こえない、人のいない普段見れない妻籠宿を堪能できたので

少し得した気分ですね。

 

そして妻籠宿でいつも買うお土産が

澤田屋さんの「つまごの秋 柿と栗」です。

f:id:Messi0827:20180825184425j:image
f:id:Messi0827:20180825184421j:image

 

干し柿の中にマッシュされた栗が入っていて本当に絶品です。

澤田屋さんで買い物して早く帰ろうと雨の中走り出そうとするとお店のお姉さんが傘を貸してくださいました、駐車場の管理の方に返せばお店に戻ってくるので良いとの事です。

感謝、感謝です。

 

今日はこれで帰路につきます。

なんせ家まで4時間あまりかかるので

しかし木曽路はまだまだ見所がいっぱい、奈良井宿や滝や景勝地、近くには下呂温泉もありますし、季節によって大きく趣をかえる山々、春夏秋冬いろいろな季節に訪れたいですね。